八甲田の湿原を歩く2022/10/02 13:20

仙人岱を歩く
 9月29日は八甲田山に登った。酸ヶ湯温泉からしばらくは岩の多い樹林帯の登りだった。岩が少なくなってくると谷に出た。地獄湯の沢だった。谷沿いの道には少し火山性ガスの臭気が流れてきた。谷が終わり平坦になると視界が開けて仙人岱(せんにんたい)に着いた。草紅葉の先には八甲田の峰の一つ、小岳が見えた。避難小屋に寄り道して一休みした。
 仙人岱からは正面に主峰の大岳を目指して登って行った。急な登りを終え、小さな鏡池を右に見て一登りすると大岳山頂に着いた。10人程の登山者がいた。遮るものの無い山頂は強風が吹いていた。風除けにレインウェアを着た。長居するにはつらく、登山者は次々に下山して行った。我々だけになったところで記念撮影をしていると、新たに登山者が登ってきたので写真を撮ってあげた。
 下りは毛無岱(けなしたい)に向った。ロープウェイへの道を右上に分けるとすぐに上毛無岱に着いた。思いの外広い湿原だった。木道横の草紅葉がきれいだった。木道の広くなったところでゆっくり休んだ。更に進むと急な下り階段が有った。下りきると一層広い下毛無岱に着いた。赤いナナカマドと草紅葉の向こうには先ほどまでいた大岳がきれいに見えた。
 最後はブナやオオシラビソの森を下り、出発点の酸ヶ湯温泉に着いた。「しょうが味噌おでん」とソフトクリームを食べながら、ゆっくり休んだ。やがてきたバスに乗り込み名残惜しい八甲田を後にした。

初秋の玉原高原ハイキング2022/09/19 15:09

玉原湿原
 9月14-15日は玉原高原にハイキングに行った。初日は尼ヶ禿山に登った。玉原センターハウスに車を置いて歩き出した。玉原湖岸の道にはツリフネソウやアカマンマが咲いていた。ブナ林を登って着いた山頂は南側の展望が開けていた。日差しが強くて暑かった。昼食休憩後、早々に下山した。
 下山後は、川場村の道の駅に寄り、赤ワインと,ミニトマト、シシトウなどを購入して桐の木平キャンプ場に向かった。平日とあって広いサイトの宿泊は我々だけだった。購入した野菜や持参のさつま揚げ、ゴーヤをおいしくいただきながらゆっくりとした。
 翌朝は霧雨が降っていた。この日は鹿俣山の予定だった。玉原センターハウスに着くと3人組が先着していた。「雨になっちゃいましたね。これからコースを決めるんです」との事だった。夏休み期間のみ営業のキャンプ場を通りぬけ、霧に覆われたブナの森を登って行った。山頂は晴れていた。すぐ下まで霧が迫り、展望は得られなかった。日差しが暑かったので木陰で休んだ。しばらくすると少し霧がとれてきて武尊山山頂方面の稜線が見えて来た。
 下りの途中のスキー場ゲレンデでは駐車場で会った3人組とすれ違った。「早いですね」と言われた。林床にキノコの生えるブナ林を下っていくと玉原湿原に出た。半ば霧に覆われた湿原には木道が敷かれていた。ウメバチソウやタムラソウが咲き、シダは早くも紅葉が始まっていた。秋の気配が漂う湿原を楽しみながら木道をゆっくり歩いた。二日間、キャンプとハイキングでくつろぐ事ができた。

日差しを避けながら日向山に登る2022/09/17 16:15

キウイの木棚の下を登る
 12日は奥武蔵の日向山に登った。芦ヶ久保駅から歩き出した。今回は12人のグループだった。最初の車道歩きは日差しが強く暑かった。登山道に入ったところで早くも一人が体調不良になりリタイアした。農村公園を過ぎると果樹園の登りになった。キウイの木棚の下は日差しが避けられて心地良かった。
 やがて桜の植栽地に出た。少し広くなった場所で葉が赤くなりかけた桜を見ながら小休止した。しばらく登って山頂への稜線に出ると、広葉樹の森になった。足下に落ちるコナラなどのドングリを踏みつけながら登った。
 登り着いた山頂は平らで広く、武甲山方面の展望が開けていた。日差しが強かったので木陰に入って昼食休憩にした。リーダーが冷たいそうめんを準備してくれたので、おいしくいただきながらゆっくりと休んだ。
 下山は琴平神社、卜雲寺を経由して寺坂の棚田に出た。あずまやで日差しを避けながら一休みした。最後は、あぜ道に咲くヒガンバナを見ながら横瀬駅に向った。全体的に暑くて、時間と標高の割に歩き応えのある一日だった。

小坂志川で釜を楽しむ2022/09/16 18:02

小坂志川の釜を登る
 9月10日は小坂志川でウォーターウォーキングの本番だった。参加者は7名だった。Aさんは初の沢歩きで沢靴や服を新調していた。「登山用品は高いですね」との感想を述べていた。でもせっかく購入したヘルメットを忘れてしまい頭にタオルと巻いての参加となった。
 バスを下車して10分ほどの入渓点から遡行を開始した。川幅が狭くなると、横の岩にはイワタバコの葉がびっしり生えていた。ベテランのBさんが「真夏には紫の花が咲いてきれいなんだ」と説明しくれた。水が深くなった淵では魚の影が素早く動いていた。一人Cさんは「魚がなかなか見られない」とぼやいていた。
 緩い流れが一段落したところで昼食休憩をとった。休憩後は急流の遡行になった。釜が次々と現れた。渓流釣りの経験者のDさんはどんどん釜の深い所へ進み唖然とするみんなを尻目に胸まで浸かって喜んでいた。初心者のAさんも続いて釜に浸かってワイワイ言いながら登って行った。私も負けじと釜に入って進んだ所、バランスを崩してカメラを水没させて壊してしまった。一方Eさんは、水に浸かれば簡単なところを濡れないようわざわざ難しい岩をへつりながら進み「とても面白い」と喜んでいた。
 湯場ノ沢出合で半分水につかりながら記念撮影をした後、林道の橋が交差するところでこの日の遡行を終了した。思い思いに沢を楽しんだ一日だった。

小坂志川で夏を涼む2022/09/01 17:17

小坂志川の小滝を登る
 8月31日は奥多摩の檜原村にある小坂志川を遡行した。行きの武蔵五日市からのバスは50人近い乗客だった。払沢の滝入口でほとんど下車し、乗客は我々含め5人になった。笹平で下車して林道を歩き出した。
 10分ほどあるくと入渓点に着いた。沢靴に履き替えて水に入った。冷たくきれいな水が心地良かった。最初は緩い流れで水をジャブジャブとかき分けながら進んだ。ミンミンゼミが鳴き、脇の岩にはイワタバコの葉がたくさん有った。シーズンならさぞきれいだろうと思った。30分ほど遡行した林道の橋が見えた地点で昼食休憩にした。
 休憩後、しばらく進むと急流になった。50cmほどの小滝が連続した。釜もあちこちに有った。釜の中に入って進むと股下くらいの水量があった。思いの外、楽しい遡行だった。やがて再び流れが穏やかになった。湯場ノ沢出合に着いたところで小休止した。
 更に10分ほど進むと、この日の終了点の林道の橋が架かるところに着いた。林道に上がり足を拭いて靴を交換した。後は林道をゆっくりとバス停に戻った。帰りのバスも混雑していて座れなかった。途中で超満員になり運転手が営業所に「この先では乗客が乗せられなくなります」と連絡していた。

烏帽子岳への険しい縦走2022/08/25 14:03

船窪岳手前で槍ヶ岳を望む
 21-23日は北アルプスの船窪岳から不動岳を通り烏帽子岳まで縦走した。初日は船窪小屋までだった。急登だった。途中の「七鞍の森」で休んでいるとサングラスをかけた青い服の女性単独行に追いつかれた。聞くと我々と同じ烏帽子岳への縦走をするとの事だった。天狗ノ庭でたっぷり休み、お花畑でウメバチソウやアキノキリンソウを見ながら登ると船窪小屋に着いた。あいにく霧に覆われ良い、展望は得られなかった。
 二日目は晴れだった。剱岳や槍ヶ岳を見ながら出発した。船窪岳付近は険しい道だった。鉄パイプの手すりの着いた両側が切れ落ちた稜線を通った。その後もガレ場の縁をロープや梯子を便りに慎重に進んだ。ガレ場の先には槍ヶ岳が見えたものの、あまり楽しむ余裕はなかった。所々に咲いているミヤマアキノキリンソウに少し緊張が和らいだ。
 最後に岩場を鎖で登ると不動岳山頂北端の岩の上に出た。なだらかな稜線の先に山頂が見えた。先行の青い服の女性単独行が山頂を出発して行くのが見えた。花崗岩とハイマツに覆われた稜線を進むと山頂で、付近にはトウヤクリンドウが咲いていた。少し先には白い砂地にコマクサがたくさん咲いていた。コマクサの先の谷間には青緑色の黒部湖が見えた。広々した山頂は今までの苦労と比べると別天地だった。
 不動岳から先はいくぶん歩きやすくなった。南沢岳で再びコマクサを楽しみ、烏帽子田圃では多くの池を眺めながら歩いた。岩をよじ登り、霧に覆われた烏帽子岳山頂で一休み後、今宵の宿、烏帽子小屋に向った。

芳ヶ平でキャンプ2022/08/18 15:41

芳ヶ平湿原
 16-17日は、芳ヶ平でキャンプした。初日は曇りだった。草津温泉を出発しミズナラの多い森を登って行った。芳ヶ平が近づくと雨が降ってきた。最初は木の下で雨をしのいでいたものの次第に雨脚が強くなり結局レインウェアを着た。幸い雨は短時間降っただけで、キャンプ場に着く頃にはやんでいた。
 キャンプ場の宿泊は我々だけだった。風の来ないベンチのそばにテントを張った。ベンチに座って白ワインと焼酎でくつろいだ。夕方になり雨が降ってきたのでテントに入った。ご飯を炊いてゴーヤとツナをおかずにテントの中で夕食をおいしくいただいた。夜降った雨は明け方にはやんでいた。朝食は外でラーメンを作って食べ、気持ち良かった。朝食後テントを撤収し、ザックを置いて湿原を一周してから横手山に向った。
 渋峠まで登ると観光用のリフトが動いていた。案内の若い人に「芳ヶ平からですか。何時に登り始めたんですか」と聞かれので「7時に登り始めました」と答えた。休んでいると車から下りてきた若い男性に「この辺に歩くところは有るんですか」と聞かれた。「リフトの横を登ると30分くらいで山頂まで行けます」と教えて上げた。やがて別の案内人がやって来て「かっこいいですねぇ」と我々のザック姿を見ながら言った。ザックを担ぎ、リフト横のゲレンデの道を山頂へ向った。途中で霧になり雨が降ってきたのでレインウェアを着た。やがて渋峠で会った若者が下りてきた。「どうもありがとうございます」とお礼を言われた。横手山山頂には神社と三角点が有った。あいにく周囲は霧に覆われていた。
 山頂ヒュッテに移動し、パンとコーヒーを注文して外の霧を見ながらゆっくりと休んだ。帰りはゲレンデを「のぞき」バス停へ下った。バス待ちの時間を利用してカフェに入り、コーヒーを飲みながら過した。やがて霧が晴れ、志賀高原の笠ヶ岳が見えてきた頃には、バスの時間が迫っていた。

鹿島槍ヶ岳を10人パーティで楽しむ2022/08/11 15:03

爺ヶ岳のコマクサ
 6-8日に鹿島槍ヶ岳に登った。今回は10人グループのリーダーだった。初日は扇沢から歩いた。蒸し暑い日だった。やがて霧になり少し涼しくなった。雪渓を注意深く渡ると、最後に霧のお花畑になった。ウサギギクやミヤマキンポウゲを見ながら種池山荘に着いた。持参の体温計で全員の体温を確認してから小屋の手続きをした。
 二日目の朝は良い天気だった。針ノ木岳を見ながら爺ヶ岳に登った。爺ヶ岳南峰と中央峰との間にはコマクサが咲いていた。冷池山荘で荷物の一部を預け、鹿島槍ヶ岳に向け登り始めると、人数が一人足りない事に気づいた。キャンプ場で全員がそろうのを待って再度登り続けた。チングルマ、ハクサンフウロ。トウヤクリンドウなどの花がきれいだった。
 山頂は霧の中だった。ツバメが飛び回っていた。ゆっくりと昼食を食べた。十数人の団体が登ってきて混雑し始めたのを機会に下り始めた。冷池山荘に戻り、小屋前で全員の体温を測ると2人体温が高かった。木陰で休み、計り直すと平熱に戻った。夕食前に全員で外のベンチでビールを飲みながらゆっくりと休んだ。
 最終日も良い天気だった。爺ヶ岳への登り返しで雷鳥を見た。良い天気なので爺ヶ岳山頂で集合撮影を撮った。やがて片足の男性が松葉杖を使って登ってきたので、標識前で写真を撮ってあげた。種池山荘からの下りの雪渓は崩落していて上を迂回する登山道に変わっていた。更に下ると前を歩いていた3人組がテレビの「小さな旅」の取材を受けていた。全員無事下山し、扇沢から帰りのバスに乗り込んだ。足並みもそろい、リーダーとしてはまずまずの山行だった。