潮騒(しおさい)の島に登る2018/02/23 13:34

カルスト地形
 伊勢湾の入口にある神島は三島由紀夫の小説「潮騒(しおさい)」の舞台となった島で、灯明山は、その最高点だ。港から200段を越える長い階段を上がると神社で、さらに道脇の水仙を見ながら歩道を登ると灯台に着いた。60歳代の夫婦の観光客がベンチで休んでいた。水仙の咲く斜面の向こうには海がきれいに見えた。三島由紀夫の「潮騒」の一節が記載された案内板が有った。灯台の光が間欠的に恋人同士の顔を照らす場面を描いた文章だった。何の変哲も無い古びた灯台を見て、こんな文章を思い描くとは、たいしたものだと感心した。
 灯台から一登りすると灯明山山頂で樹林に囲まれた地味な場所だった。山頂から下って行くと戦前に使われていた監的哨(かんてきしょう)の跡で、伊良湖岬側から撃った試弾の着水地点を確認するために作られた施設だった。観光用にきれいに整備されていた。恐らく三島由紀夫が訪れた頃は、もっと汚れていただろう。ここにも「潮騒」の一節が表示されていた。監的哨の中でたき火を挟んで主人公の二人が濡れた体を乾かすシーンだった。20歳の頃に読んだこの小説を思い出した。この古い建物を見て、このシーンを描くとはたいしたものだとあらためて思った。ちょうど20歳位の男女の観光客が来たので入れ違いに出発した。
 監的哨を下って行くとカルスト地形で海を背景に白い岩がきれいだった。ここにも三島由紀夫の一節を書いた案内板が有った。ここでは前の二つに比べて霊感が働かなかったらしく、あまり風景とは関連しない文章が書かれていた。天才は凡人が何も感じないところでは才能が遺憾なく発揮されるけれど、凡人がきれいだと感じるところでは、さほど才能が発揮されないようだと思った。
 島を一周して、「潮騒」を再度読んでみたくなった。ただ、20歳の頃とは感じ方が違うだろう。我々にとっては、むしろ老年期を迎える主人公を描いた小説の方が感動が大きいかも知れないと思った。

富山県 泊 近くの三峯に来ました2018/02/22 14:29

三峯から日本海を望む
富山県 泊 近くの三峯に来ました。
今日は完璧な天気。日本海がきれいに見えました。

伊勢湾入り口にある菅島に来ました2018/02/20 12:50

菅島灯台
伊勢湾入り口にある菅島に来ました。
菅島灯台では水仙が満開でした。

伊勢湾の神島に来ました2018/02/19 12:38

神島灯台から伊良湖岬を望む
伊勢湾の神島に来ました。水仙が咲き伊良湖岬が良く見えます。

鷹取山の壁2018/02/17 17:59

鷹取山山頂直下の壁
 神武寺駅から車道を歩き、中学校の先から谷間の山道に入った。岩の多い道だった。途中で小犬を連れた20代の男性に追いつかれた。「散歩コースですか」と聞くと「最近、ここがお気に入りで毎日来るんです」との返事だった。可愛い犬で、我々の靴の臭いをかいで怪しくないと判断したらしく、飼い主と一緒に登って行った。
 神武寺前は広場になっていた。広場にはリスが3匹いた。神武寺からは照葉樹やコナラの茂る岩の稜線を進んで行った。ツバキもあちこちで咲いていた。足元にはドングリが多く落ちていた。時折、リスが木の根元の落ち葉でカサカサと音をたてながら動いていた。
 たどり着いた鷹取山直下の広場の周囲には採石跡の壁がたくさん有った。壁にはロッククライミングの跡らしい穴がたくさん有り、見るも哀れな感じを受けた。壁の下部には一般者の立ち入り禁止を示す看板が立っていた。
 壁の横から階段を登ると山頂の展望台に着いた。中央にベンチが有ったので座って昼食休憩にした。おにぎりを食べながら東京湾と房総半島の展望を楽しんだ。風が少し冷たかった。

鷹取山山頂に着きました2018/02/16 12:44

鷹取山山頂から東京湾を望む
鷹取山山頂に着きました。良い天気で房総半島も見えます。
岩の稜線にはツバキがたくさん咲きリスもいました。

春日沢ノ頭からの稜線歩き2018/02/12 16:15

防火帯の急坂を登る
 石和温泉駅からの鶯宿(おうしゅく)行きバスは一日4本だけだった。朝一番のバスは早すぎて、東京朝発では間に合わないので、朝二番の9時25分発のバスに乗り込んだ。乗客は他に40歳代の夫婦のハイカーがいただけだった。鳥坂トンネルの出口で我々が下りるとバスは二人だけになった乗客を乗せて走って行った。いったいどこに登るのかしらと思いながらバスを見送った。
 稜線の積雪は多い所で10cmだった。南側になると地面が見えているところもあった。登山者の足跡は途中までで、いつの間にか無くなってしまった。その代わり動物の足跡が頻繁に稜線を横切っていた。山頂の春日沢ノ頭に着くと積雪は約15cmで他の場所より少し多めだった。一週間前の我々の足跡が少し残っていた。
 春日山を通り、黒坂峠からは防火帯の登りになった。約15cmの積雪で急斜面だった。下に木が無いので滑り落ちそうな感覚になった。横の木の間を登った。その後、ピークをいくつか越えても防火帯は続いていた。防火帯上の小さなピークに有った倒木に腰掛けて休んだ。雪の無い時は倒木は邪魔なだけだが、雪に覆われている時は、腰掛けになりありがたかった。
 防火帯が終わると林道に出た。林道を芦川支所へ下山した。結局、この日、山中では他の登山者には会わなかった。最終の17時発のバスに乗り込むと、途中の上芦川で、行きのバスで一緒だった夫婦が乗り込んできた。どこに登ったのかしらと思いつつも、声をかけなかった。

春日沢ノ頭に再訪しました2018/02/11 11:58

春日沢ノ山山頂
山梨県の春日沢ノ頭に再訪しました。
今日も良い天気です。山頂の積雪は約15cmで先週より少し融けたようです。